長期休暇中の生活

小学校がお休みの土曜日、及び長期休暇中(夏休み、冬休み、春休み)の生活です。

  • 夏休みなどの長期休暇には、子どもたちの基本的な生活リズムを大切にしながらプールやお出かけなどを企画し、充実した日をすごします。
  • 土曜、長期休暇の昼食は当番制で子どもたちと作ります。(時にはお弁当の時もあります)

一般的な生活リズムですので異なる場合もあります。

一 日 保 育(学校休校日)
8:00
・開所
9:00

・勉強

お家から、漢字ドリルや計算ドリル、塾で出た宿題など思い思いの勉強の用意を持ってきて勉強しています。

10:00

・自由時間

勉強の後は、思いっきり遊びます。外でドッジボールをやる子や一輪車であそぶ子、中でボードゲームなど子どもたちの好きな遊びを楽しみます。

12:00

・お昼

指導員と子どもたちが共同で作るおいしい昼食をみんなで食べます。ここ大野木学童でも、カレーは子どもたちの大好物です。

15:00~

・おやつ

みんなの大好きな時間です。指導員の手作りおやつは子供たちに大好評です。

50円の日、100円の日など自分たちで計算しながら指導員の用意したおやつを買う日があります。「何を買おうか」と子どもたちが相談しながら真剣に選びます。

17:00~

・そうじ

子どもたちが毎日生活する学童は自分たちの手できれいにします。こんなささいな体験も子どもたちには大切なのです。

18:30

・閉所

まだ帰りたくない子もいるようです。今日はゆっくり休んでまた明日遊ぼうね。