ベルマーク活動

以前の記事でも書きましたが大野木学童では、ベルマーク活動を行っています。

たくさん集まったベルマークを数えやすいように子供たちが番号別に振り分けていきます。全て終わるのに4時間もかかりました。

町内にあるお店へ訪問し、回収箱の設置を子どもたちがお願いしてまわります。
下記店舗に大野木学童のベルマーク回収箱が設置してありますので、お手元にベルマークがありましたら是非入れてください。
・コメダ珈琲 庄内緑地公園店
・電化のキモト
・エイデンフルカワ 名西店
・清美船戸塾
・ドラッグスギヤマ
・喫茶モナリザ
・ファミリーマート大野木店(他ファミリーマート5店)

なお、今年は皆さまのおかげで53,092点分のベルマークを集めることができました。ご協力ありがとうございました。

大野木学童では、少ない運営資金を捻出するために、バザーや夕食販売などの取り組みを行っています。
その取り組みの一つとして、ベルマーク活動も行っています。

ベルマーク財団のホームページにて大野木学童が、はじめての資金取得校として紹介されましたのでご報告いたします。

昨年の夏8/27に学童指導員と在所児童がベルマークの仕分けを行い、児童が分担して家に持ち帰り、各家庭で集計を行いました。集まったベルマークは9/24にベルマーク財団に送付し、財団にて11/24に検収され、2011年1月度に「17,536点(=17,536円)」の資金を獲得しました。父母、地域の皆様のご協力のたまものだと感謝しております。

父母の皆様、地域の皆様、どうか更なるご協力のほどよろしくお願いします。

大野木学童では、厳しい運営費を少しでも補っていくため2010年1月より、ベルマーク運動に参加しています。

夏休みには初めての仕分け・集計を予定しています。どのくらい集まっているか楽しみです。

でも子どもたちが、商品から慣れないはさみでベルマークを切り取り、頑張って集めていますが、なかなか集まらないのも現状です。

ホー ムページをご覧になっている皆さま、地域の皆さま、気がついたときで結構ですのでご協力いただければ幸いです。

発足して今年50周年になるベルマーク運動は…

★1点=1円の計算で物品購入ができます。

    ★物品購入金額の10%がベルマーク財団に寄付され、海外支援などに役立つ仕組みとなっています。

    ★学童だけでなく、他の子供達を助けるボラン ティア活動を行なうことにもなります。

      ★ベルマークが付いている製品や会社を知る、社会学習の機会となります。

      ★楽しみながら、親子でベルマークを集めることができます。

          ♪ベルマーク運動の流れ

          「自分たちの学校づくり」と「お友達への教育援助」。ベルマーク運動には、2つの機能があります。自分たちの学校のためにマークを集める ことが、自然にへき地学校や開発途上国のお友達の役にも立つ仕組みなのです。「協賛会社」が商品に付けているマークを登録参加のPTAや公民館などが集 め、整理・計算して財団に送ると1点が1円に換算されてベルマーク預金になります。 その預金で、自分たちの学校に必要な設備・教材が「協力会社」から購入できます。すると、その購入金額の10%が自動的にベルマーク財団に寄付され、さま ざまな教育援助活動に使われます。

          ベルマーク運動