子どもたちの生活

一年生にとってははじめての誕生日会でした!

11-04-27_001.jpg

毎月一回行う誕生日会では各グループでケーキを作り、その月の誕生日の子達をお祝いします。

11-04-27_002.jpg

また誕生日会にはビンゴも行っています、このビンゴを子ども達はとても楽しみにしています(^^)

市連協からの情報です。

国が学童保育の基準を示すという事に関して新聞記事が掲載されました。各紙の抜粋となりますが、pdfファイルでまとめてありますのでこちらをご参照下さい。

pdfファイルはこちら → 2011.2.22新聞記事(3紙)

—– 以下、市連協よりの情報です

朝日新聞と読売新聞では捉えようが違っています。

朝日新聞は国が基準を示すというものの、最低基準とは言い切っていません。つまり、指定事業者参入への基準に成ることも考えられる言い回し方をしています。

反面、読売新聞は最低基準と言い切っています。しかし、最低基準ができてもこれを指定の基準にし、指定管理者制度を含めた事業展開は可能であるとも読み取れます。

残念ですが、両紙共に学童保育制度のことにまで踏み込んで書いてないので、我々の立場からすると、良いとも悪いとも言えない記事です。学童に関して何も反応がない今よりはましかなぁ…、というところでしょうか…(-_-;) いずれにせよ、内閣府のまとめであり、国の決定事項でも何でもありません。

また、昨日(2/21)の「子ども・子育て新システム」基本制度ワーキングチームの事が新聞赤旗に掲載されていますので、あわせてお知らせします。

—–

大野木学童では、平成23年度 新一年生の体験入所と入所説明会を下記の要領で実施します。

体験入所:平成23年2月5日(土)、26日(土) 両日とも 9:30~16:00

入所説明会:平成23年2月27日(日) 10時~12時

たくさんの親御さん、お子さんの参加をお待ちしております。

なお、在学児童の体験入所は、随時受付しておりますので、大野木学童(052-503-0360)までお気軽にお問い合わせください。

P1000107.jpg

今日は全三回の「夕食販売」の最終日でした。
「夕食販売」は子ども達が作った惣菜等を売る取り組みです。この売り上げはこども達のために使い、保育を充実させています。最終日のメニューは「おでん」寒い季節にはありがたい献立ですね。(^o^)

P1000108.jpg

沢山のお買い上げありがとうございました!m(__)m

P1000100.jpg

先日オヤツにミカンを出しました!

オヤツには旬の果物も取り入れて、季節を感じています。

ビタミンcたっぷり!
酸っぱい一枚です(^人^)

P1000076.jpg


P1000077.jpg

大野木学童では、土曜日の昼食を指導員と子どもたちで作るときもあります。
(お弁当持参の時もあります)

味噌、ごぼうを持って一休み

今回は、特製の豚汁です。

あったかくてとってもおいしそう~。

子どもたちで率先してご飯を作るので、本当に子どもたちがたくましくなります。

10-11-13_001.jpg


10-11-13_002.jpg


10-11-13_003.jpg


10-11-13_004.jpg


10-11-13_005.jpg


10-11-13_006.jpg


10-11-13_007.jpg


10-11-13_008.jpg


10-11-13_009.jpg


10-11-13_011.jpg


10-11-13_012.jpg


10-11-13_014.jpg


10-11-13_016.jpg


10-11-13_018.jpg


10-11-13_020.jpg


10-11-13_022.jpg

11月13日(土)に瀬戸市の「ノベルティ子ども創造館」に出掛けました。

ノベルティとは瀬戸の伝統工芸品のことです。(^-^)
「鋳込み」体験や「絵付け」体験を通して瀬戸の文化に触れました。

帰りに「瀬戸蔵ミュージアム」に見学へ行きました。
館長さんの説明で瀬戸物の歴史や「磁器」と「陶器」について学習しました。
(^-^)

お土産に絵付けをした、招き猫を持って帰り、大満足の子どもたちでした。

10月10日(日)に、四角公園にて大野木学童三大行事の一つ、バザーを行いました。
前日までのものすごい雨に、公園での開催が危ぶまれましたが、当日は非常に良い天気に恵まれました。

毎年、近所の方からの評判も非常によく、連休のなか日にも関わらず沢山の人が来て下さいました。

皆さんのお目当ては、これら数々の野菜たち。
今はとても野菜が高い時期ですが、安売りスーパーにも負けない、なんと全て1パック「100円」というお値段で、本当に「あっっ!」という間になくなってしまいます。

こちらは、新品・不用品のバザーです。
沢山のお客さんが品定めに、交渉に一生懸命です。



こちらは、子どもたちのお店です。ゲームはすべて子どもたちの手作りで2か月くらい前から準備をして制作に取り掛かります。

こちらは、大野木学童名物のつきたておもちをついているところです。
あんこやきな粉をたっぷりからませて食べると最高です。

バザーで販売するたませんを作っているところです。
お母さんもお父さんも、この日ばかりは学童のため一丸となって協力します。

いいお天気に恵まれ本当に子どもたちも楽しそうにバザーを開催でき本当によかったと思います。

子どもたちの中には、お父さん、お母さんの「仕事の大変さ」がちょっぴりわかった日でもありました。

また行事を通じお父さん、お母さんの結束がより一層高まったのではないかなと思います。

お父さん、お母さん、そして子どもたち・・・。

本当にお疲れ様でした。

P1000084.jpg

掃除の時間が終わり外を見て見ると…

男の子達がごっこ遊びをして遊んでいました(>_

子どもって本当に面白いですね!

P1000081.jpg

大野木学童では、毎年冬にこま検定に先駆けてこま教室を行います。

高学年は、低学年に紐の巻き方やまわし方など基本から教え上級生ともなるとたくさんの技を身につけ披露してくれます。

写真は、4年生が披露してくれた「どじょうすくい」という技です。

Page 1 of 512345