キャンプの記事

キャンプ2日目は、生憎の雨模様。それでも子どもたちは元気です。

朝早く起きてみんなでラジオ体操です。まだ眠いってあくびをしてくるのは誰だ??

今日の元気は、朝ご飯から!
昨日のカレーとパンで美味しい朝ごはん。

生憎の雨模様で、楽しみにしていた川遊びができなくなってしまいました。
そのため今年初めての企画として、すいかわりを行いました。
なかなかできない体験にみんな本気で取り組んでいました。
中には、力を出しすぎて棒を折ってしまうハプニングもちらほら・・・

とっても甘くて冷たいすいかは、とても楽しい思い出になったようです。

出発までの間、大部屋でみんなでカードゲームをして楽しみました。
ルールがわかりやすいとあって、UNOは大人気のゲームです。

楽しかったキャンプももうおわりです。また来年までさようなら。

キャンプに係わってくださった、父母の皆さま、キャンプ班の皆さま、アオミキャンプ場の方、一人のけが人を出すことなく、今年も無事にキャンプが終了しました。
どうもありがとうございました。

7月30日(土)~31日(日)の日程で、恒例となったアオミキャンプ場にお世話になりました。

子供たちが毎年楽しみにしているますつかみです。
今年は網を用意して、全ての子が掴まえることができ大いに楽しみました。

お昼にはあやしい天気でしたが、雨も上がり川遊びを楽しみました。雨も子供たちの元気には勝てなかったようです。

夕食はキャンプのお決まり、カレーです。どの子も一生懸命手伝っておいしいカレーになるように祈りながら作ります。


今日の夕食です。ますつかみで捕ったますもこんがりと焼けてとってもおいしそう!

高学年によるトーチです。
今年は、FUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」の曲に乗せて子供たちが頑張りました。

トーチをご覧になった方、「あとひとつ」を目を閉じて聴いてみてください。v
トーチの感動が浮かんできませんか?

このページを見られた父母の方、できましたら一番下よりコメントをお願いします。

楽しいキャンプも、とうとう今日で最終日。今日もいっぱい遊びましょう!

6時に起床して、みんなでラジオ体操をします。
誰だ?大きなあくびをしているのは・・・

今日も元気いっぱい遊ぶために、朝ごはんをしっかり食べます。
昨日のカレーをおかずにロールパンにかぶりつきます。

我らが大野木学童が誇る科学者
「でんじろう○村さん」の実験コーナーです。
今日のお勉強は、シャボン玉だそうですが・・・

中に入れそうなくらい大きなシャボン玉ができました。
これだけの大きなシャボン玉を作るためには、でんじろうさんが勧める「ある秘薬」が含まれているのです。
沢山作っても、1,000円以下で材料がそろいます。
お知りになりたい方は、「問い合わせフォーム」より、お問い合わせください。

子どもは遊びの天才!色々な遊び方を考えます。
大きなシャボン玉つくりにあきて、自分がくるくる回ってみたら・・・・
あら!綺麗なシャボン玉がいっぱい。。。

二人で「せ~のっ、ふふぅぅぅ~~っ!」

朝から川遊び、ちょっと涼しいけどへっちゃらです。

出発前の休憩時間。
いったい何を見つけたのかな?

「さて、虫を探しに出発だ!」

お世話になったアオミキャンプ場に「さようなら~」

さて、長いようで短かった2日間のキャンプはいかがだったでしょうか。

キャンプで子どもたちもひとつ成長したと思いますが、イベントを乗り越えて父母同士の結束も強まったのではないかなと思います。

父母の方、是非コメントを残していただければ幸いです。

このページを見られたお父さん、お母さん、是非コメントを残してあげてくださいね。

2010年8月7日(土)、8日(日)の1泊2日で、岐阜県中津川市付知町にある「アオミキャンプ場」にお世話になりました。
今年は、去年とはうって変わり快晴でまさにキャンプ日和でした。

朝7時30分に学童集合です。
昨日の夜はよく眠れたかな?

バスの中でたのしいおしゃべり、観光バスという非日常な空間も、楽しくて仕方がない。。。

今年も恒例の「ますつかみ」です。
ますも捕まらないように必死です。

「やったっ!」 「今晩のおかずゲットだっ!」

付知川で、川遊びです。
今年は天候も良くってとても暑いけど、水温はとっても冷た~い!

「みんな、見て見てっ!」 「それっ!!」

今晩の夕食、カレーライスを作ります。一年生でも、包丁を使って一生懸命お手伝い。
「どう?様になってるでしょ?」

みんなにおいしいご飯を食べさせるために、煙たいのを我慢して高学年が一生懸命に飯ごうでご飯を炊いてくれています。

みんなが「ますつかみ」で捕まえたますが、こんなにおいしそうに焼けました。

飯ごうで上手に炊けました。まっ白で一粒ひとつぶがおいしそう~!

今晩の夕食が完成です。
今日のメニューは、カレーライス、ますの塩焼き、サラダです。

いただきま~す。
みんなで食べるとおいしいね!

キャンプファイアーのメインは、4年生以上が演技する「トーチ」です。
FUNKY MONKEY BABYSの「大切」をBGMに、全員で、時にはソロパートをやりきりました。

【4年生のお母さんの感想】
うちの子はトーチデビューでした。
直前の緊張した表情でも、終わった後のやり切った感溢れる表情でも彼の成長を感じました。
見ていた私は感激の涙で…。
ご指導いただきました指導員さんに感謝です。

【4年生のお父さんの感想】
低学年の頃から本人が憧れていたトーチをやり遂げて満足していると思います。
又、親として目の前で頑張っている姿を見ることが出来て非常に感動しました。

遠い国から来て下さった酋長をお迎えし、火の精を呼んでいただきました。
さあ、キャンプファイアーの始まりです!

子どもたちが考えたそれぞれの「スタンツ」で、ダンスや歌を披露してくれました。

参加されたお父さん、お母さんは、今日一日の出来事や、お子さんの様子がとても印象に残ったのではないでしょうか?
このページを見てくださったお父さん、お母さん、是非、コメントを残してあげてくださいね。

10-08-06_001.jpg

今日の食事作りは、シチューです。

材料や作り方がほぼ同じなので、明日からのキャンプのカレー作りの練習となります。

明日のカレーは、上手にできますように・・・

夏休みなどの長期休暇中には、子どもたちと指導員で昼食作りを行います。
今日は子どもたちの大好きなカレーライスです。
もうすぐキャンプもあるため、予行演習も兼ねています。
自分たちで作るという経験も大切ですね。

10-08-04_002.jpg

1年生も皮むきなど一生懸命手伝います。
おいしくできるといいな~!

10-08-04_008.jpg

とってもおいしそうにできました。

10-08-04_009.jpg

さあ、みんなでいただきま~す。

CA3E0042.jpg

来週に控えたキャンプでのメインイベント、高学年による「トーチ」の練習を、西区大野木の「昭和企画株式会社」さんのご協力のもと行いました。

本番と同じく、FUNKY MONKEY BABYSの「大切」をBGMに、

実際にトーチに火をつけて振り回す姿は、低学年にとって、憧れ?怖れ?  どのように映ったのでしょうか・・・。

キャンプまであと一週間。

子どもたちそれぞれの想いを胸に一生懸命練習して、より華麗なトーチさばきをみせていただきたいと思います。

A 全く心配の必要はありません。テントを張って寝泊りするとか、一から食事作りをするとか、本格的に実施するキャンプではありません。学童に携わるみなさんの交流を深めることを主な目的にしています。

A 学童の年間三大行事として「キャンプ」「バザー」「スポーツ大会」があります。いずれかの係に属してもらって行事運営に携わってもらいます。「キャンプ」は5月~8月、「バザー」は6月~10月、「スポーツ大会」は9月~11月が係の活動時期です。

①専任の指導員による保育

専任の指導員が長期的視野(1~6年)に立ち、集団の活動を組織しながら、個々の成長を導いていきます。

②安心して働けます

土曜日実施の学校行事による振り替え休日には必ず朝8時から開所します。いわゆる一日保育となります。夏・冬・春休みの長期授業日のお昼ごはんは、みんなで手作りする日があるので毎日お弁当を作らなくてもいいです。

③子どもたちの自主的な活動

子どもたちが自主的に活動する行事が、年間計画の中で数多く取り組まれており、それをやり遂げていくことで、子どもの確実な成長が見られます。

・集団遊び(1~6年生全員であそびます)

・伝承遊び(こま回し、竹馬、やっとこ、一輪車など季節や行事に応じて目標を作って全員で取り組みます)

・お出かけ(動物園、科学館、こま博物館などへ月1回お出かけします。)

・親子キャンプ(グループごとにキャンプファイヤーで出し物を行います。)

・スポーツ大会(大会の実行委員を親と行い、当日の運営を行います)

④異年齢集団による活動

異年齢集団による活動を通じて、子ども同士の協力、指導、激励等が自然な形で行われます。その中で切磋琢磨する一方でお互いの個性を尊重しあう雰囲気が生まれます。学習、読書、手作りおやつ、当番活動のそうじ、洗たく、食器洗いなど生活技術の獲得をとおして自分でできる自信をつけ、生きる力に結びつけます。

⑤親子でいっしょに

親子キャンプ、バザー、スポーツ大会など親と子がいっしょに参加する行事も企画されています。もちろん、皆共働きの忙しい身、すべてに参加できないこともありますが、わが子の成長を実感しながら、子育てを楽しめ、親同士の親睦を深めることができ、親自身の成長も実感できるのが大きな魅力です。

Page 1 of 212